ホーム生涯教育助成 > 生産性の船

生産性の船

公益財団法人日本生産性本部が主催する洋上研修「生産性の船」は、仕事に追われる勤労者たちに、人生の豊かさについて考える、貴重な時間を与えてくれます。当公益財団では、この研修に勤労者を派遣し、その派遣費用を助成しています。

お知らせ

  • 2017年の洋上研修「生産性の船」の募集は終了しました。 来年の応募をお待ちしております。

概要

約9日間 の洋上研修「生産性の船」では、コース別研修や、産業界を代表するトップリーダーによる談話、寄港地での企業訪問などを通して、リーダーシップや国際的な視野を育成し、人生のあり方を見つめ直します。異業種の方々やトップリーダーたちと親密に交流できるのは、職場や家族という日常空間から隔絶された洋上ならでは。当財団では、この経験が生涯活かされることを願い、1976年より助成を続けています。

奨学援助の対象者

30歳以上で職業に従事している人。応募理由等を記載した申請書により選考します。

実績

1976年より助成を行っており、2015年までに307名を派遣しています。

総括発表会

船上でのパーティー

研修風景

参加者全員で記念撮影

ページの先頭へ