論文募集

「懸賞論文」には、その年の世相や話題についての率直な意見が、多数寄せられます。目的意識・問題意識を持つことそれ自体が、"育自"、そして生涯学習につながると考え、1976年にスタートして以来ずっと続けてきた事業です。入選作品は、毎年1冊の本にまとめて出版しています。

お知らせ

  • 「第39回 事実に基づく小論文・エッセー」の募集を開始しました。
    課題:『変化に挑む』
    募集締切 2017年5月24日(水)当日消印有効
    小論文・エッセーの募集要項のダウンロードはこちらからお願いします。
    第39回 事実に基づく小論文・エッセー募集要項

概要

生涯教育への関心と啓蒙を図ることを目的に、その年の世相や話題を取り上げたテーマを決定し、原稿用紙10枚程度の論文を募集します。論文は日本語のみ。フィクションではなく、実体験に基づくレポートで、未発表のものに限ります。入選作品は、1冊の本にまとめて出版し、全国の図書館などに寄贈しています。目的意識・問題意識を持って行動する人の姿を紹介することで、力強く生きていくための支えになればと考えています。

実績

1976年にスタートし、現在までに延べ10000名以上の、率直な思いや生き方についての意見が寄せられています。一席には賞状及び副賞50万円、二席には賞状及び副賞10万円、三席には賞状及び副賞5万円、佳作には賞状及び副賞3万円が贈られます。なお、入選作品は、毎年一冊の本にまとめて出版し、全国の図書館などに寄贈しています。

2016年の実績

テーマ

私の「先生」-誰からも、何からも学べる

入賞者

一席◇感王子 美智子
二席◇江角 岳志、國西 嘉代子、三上 香子
三席◇阿部 広海、大西 賢、滝 和子、堀 宗一朗、森 千惠子
佳作◇金城 美智子、熊谷 真紀、齋藤 恒義、坂本 美香子、
   白石 通武、新屋 和花、谷口 幸子、福田 恵、武藤 敏子、村山 洋子

2015年の実績

テーマ

私の生涯学習-学ぶ楽しみ

入賞者

一席◇対比地 百合子
二席◇荻原 美和子、高見 スマ子、山縣 昭一
三席◇七里 彰人、渋谷 江津子、出口 久美子、村松 靖彦、頼富 雅博
佳作◇伊波 裕子、上原 稲子、野呂 富三、藤田 理穂、松岡 智恵子、
   谷田部 和子、山野 芳幸、吉開 靖之、渡辺 恵子、渡辺 惠子

■出版図書一覧
2015 私の生涯学習-生きることは学ぶこと
    ※2015年度入選作品は後日公開いたします
2014 私の東京オリンピック-過去から学び、未来に夢を
    ※一席の該当者なし
2013 言葉は人格の表現-心あたたまる言葉・傷つける言葉
2012 日本が"生き抜く力"-今,私にできること
2011 私の望む日本-行動する私
2010 食満腹 -心空腹
2009 家訓 わが家のマニフェスト
2008 家庭は「心の庭」
2007 心の絆―命を紡ぐ
2006 志―社会への思いやり
2005 夢―実現した原動力
2004 光―照らす 心、人生、時代
2003 道―歩き方、人さまざま
2002 出会いはドラマ
2001 私が癒されたとき
2000 21世紀に語る夢
1999 日本人の品性
1998 わが家の教え
1997 豊さの虚と実
1996 日本人に欠けるもの
1995 育児学のすすめ
1994 ともに生きる
1993 心の遺産
1992 心と健康
1991 豊な個性
1990 おもいやり
1989 旅は学習
1988 人生を易えた友情
1987 永遠の若さを求めて
1986 こうすればよかった
1985 人生の転機に考える
1984 親子の絆
1983 祖父母が語る孫教育
1982 四十では遅すぎる
1981 私の生きがい
1979 人生にリハーサルはない

ページの先頭へ